人材育成

社員一人ひとりの主体性を軸に、
金融のプロフェッショナルを育んでいる岡三証券。
一方的に指導するのではなく「支援する」という姿勢を
大切にする人材育成を紹介します。
Scroll
磨き上げる人間力
磨き上げる人間力
人事部×人材開発部対談
「育成に力を入れる岡三証券」と呼ばれるほど
社員の成長を第一に考え、育成に力を入れている岡三証券。
ふたりの部長が人材への想いを語ります。
< 人材開発部 >
西村 幹雄
< 人事部 >
安江 啓
プロを育てる教育体制
岡三証券では、すべての社員を証券のプロフェッショナルに育成すべく、充実した研修制度を用意しています。
研修体系は、「キャリア別研修」と「能力開発研修」に大別され、ステージごとに必要となる知識、スキルを習得できるようバックアップしています。とくに新入社員に対しては、1年間の研修期間を設定しており、金融や経済に関する知識の有無にかかわらず、将来にわたって活躍できる基礎を築けるカリキュラムを整えています。
「自分を高めていきたい」「自分の力で勝負したい」。主体的に成長したいと考える人材にとって、岡三証券は最高のフィールドだと言えるでしょう。
研修制度の概要
新入社員のプログラム
1年間の研修実施例(営業)
Pick up
集合研修
新入社員研修は、1年の間に4度にわたって開催されます。入社後に、証券の基礎知識や社会人としてのマナー、営業スキルを身につける研修を2泊3日で実施。配属後も定期的に集合研修を行い、人材の成長を支えます。同期と語らい、共に研鑽し、絆を深める貴重な機会でもあります。