法人ビジネスの未来を拓く。
それが、私の生きた証。
資本市場部 資本市場部
資本市場部
吉田 隆汰
2013年入社
Business

歴戦の猛者たちとしのぎを削る。

 自らが生きた証を残したい。社会や会社の歯車になるのではなく、自らが組織を回せるようになりたい。それが、岡三証券を選んだ決め手でした。当社の法人ビジネスは、銀行系証券や大手証券と比較すると、まだまだ成長のポテンシャルを秘めています。自らの力で、法人ビジネスのこれからを上げていく。未開のフィールドへのチャレンジは、私にとって何より魅力的な環境でした。

 資本市場部は、財務の専門スキルを駆使して、民間企業や政府系機関をはじめとしたお客さまを金融面からサポートしていくチームです。具体的には、企業の株式や債券による資金調達、M&Aをはじめとしたアドバイザリー業務など多様なソリューションを提案していきます。私が担当するのは、財投機関や地方公共団体のお客さまです。

 投資銀行部門は、誰もがあこがれる花形のポジション。各金融機関の担当者も歴戦のプロフェッショナルばかり。そうした環境に若手のうちから身を置けるのは、社員の挑戦を後押ししてくれる岡三証券ならではだと言えるでしょう。この仕事は、他の金融機関と協働する機会が多くあります。時にしのぎを削り、時に協力し合う……。トップレベルの人達と触れ合う日々は、何より刺激的なもの。多くを吸収すると共に、他にはない独自の価値を発揮することで、岡三証券の法人ビジネスをさらなる高みに押し上げたいと思っています。

資本市場部 資本市場部
Mind

「お客さま大事」が独自の強みに。

 岡三証券の独自性とは何なのか。それは、当社ならではの小回りの利く丁寧なサポートにあります。お客さまに寄り添い、その悩みを取り除いていくことで、ディールを獲得する……。私たちが掲げてきた「お客さま大事」の精神こそが、大きな強みとなっているのです。

 その独自性が強く発揮されたのが、発行体のプロジェクトでした。主幹事を務めるのは、他の金融機関でしたが、小回りが利かず、お客さまのお悩みや急遽の依頼に応えきれていない状況のようでした。そこで、お客さまに寄り添い、スピード感のある対応をしたのが私たち岡三証券でした。内部資料の作成代行をはじめとしたきめ細やかなサポートで、強固な信頼関係を築くことができたのです。「おかげで助かりました」「岡三さんは頼りになる」。お客さまの言葉は、私にかつてない達成感を抱かせてくれました。私たちを評価するのは、上司でも会社でもありません。お客さまの評価がすべて。だからこそ、私たちは、常に誠実に、真摯に、その使命に向き合い、あきらめることなく挑み続けるのです。

 私は、このキャピタルマーケットで、その人ありと言われる存在になりたいと思っています。この業界には、企業の垣根を越えて、プロとして認め合える環境があります。今はまだ半人前でも、コツコツと独自の価値を発揮し、結果を残し続けることで、岡三証券の法人ビジネスの未来を切り拓いていきたいです。

資本市場部 資本市場部
Message

“夢のある人”を心待ちにしています。

自分だけの夢を持っている。私たちは、そんなメンバーを心待ちにしています。岡三証券は「フェイス・トゥ・フェイス」を大事にしている会社です。もし、少しでも投資銀行業務に関心があるなら、私たちの話を聞きに来てください。私たちが目指す未来や、ここで働くメンバーの人となりを皆さんの目で見定めてください。

Schedule

AM 出社
早めに出社。メールチェック、情報整理、1日のスケジュール確認などを行います。
朝のグループミーティング
グループ内での情報共有を行います。
提案書・資料作成など
お客さまへの提案書・資料などを作成します。仕事をするにあたって、常に「ひとつ上の役割」をこなすことを意識しています。
金利や市場動向の情報提供・フォロー
お電話で情報提供を行います。こまめなフォローは「お客さま大事」の第一歩です。
PM ランチ
その日のスケジュールに合わせて、昼食を取ります。
お客さまとのミーティング
すべての行動は、お客さまのニーズが起点。直接の訪問や、オンラインでの会議は頻繁に行われます。
案件ミーティング
新規案件のローンチ時や、進捗に合わせて参画する金融機関が集うミーティングが開催されます。競合ではあるけれど同志。密に連携を取り、お客さまを支えていきます。
翌日の準備
翌日のスケジュール確認や資料作成を行います。
退勤
そのまま帰ることが多いですが、他業界の方と情報交換をする機会を持つことも。証券業界で仕事をするからには、様々なことに常にアンテナを張る必要があります。