お使いのブラウザでJavaScriptが無効に設定されています。
有効にしてご利用ください。

信用取引

制度信用取引および一般信用取引の両方をお取扱しています。
大変申し訳ございませんが、岡三では支店口座をお持ちのお客さまのみを対象としております。

信用取引とは

信用取引は、お客さまに一定の保証金(委託保証金)を当社に担保として差し入れていただき、売り付けに必要な株券および投資信託の受益証券(以下、「株券等」と言います)や買い付けに必要な資金を、当社からお客さまにお貸しして売買を行っていただく取引です。

信用取引の特徴

少ない元手ではじめられます
現物であれば、1株1,000円の株式を1,000株買おうとすると、100万円の元手が必要ですが、信用取引なら半分以下の資金からはじめられます。
売却からはじめられます
株券を持っていなくても、証券会社から株券を借り、売却することからお取引をはじめることができます。
高いリスクと高いリターン
株の値動きが想定通りなら大きな利益を上げられますが、反面、期待通りの動きと逆の動きをした場合、大きな損失を被ることもあります。

信用取引の種類

信用取引には2種類のお取引方法があります
信用取引には、制度信用取引と一般信用取引があります。
  説明
制度信用取引 金融商品取引所に上場している株券等を対象とし、品貸料および返済期限等が、金融商品取引所の規則により決定されている信用取引です。
一般信用取引 金融商品取引所に上場している株券等を対象としますが、品貸料および返済期限等は、お客さまと証券会社で自由に決定できる信用取引です。
(平成22年11月現在)
  制度信用取引 一般信用取引
(当社ルールによる)
対象銘柄 取引所が指定する銘柄 原則、全上場銘柄(※1)
返済期限 約定日から6ヵ月 原則、無期限(※2)
金利 1.52%(※3) 3.52%(※3)
売建 貸借銘柄は可能 不可
貸株料 1.15%(※3) -
貸借取引(※4) 利用可能 利用不可
※1. 一般信用取引ができる銘柄は、上場廃止基準に該当した銘柄および当社が独自に取引を制限している銘柄を除いたものとなります。なお、金融商品取引所が売買状況等により特定の銘柄について一般信用取引の利用を禁止する場合もあります。取引ができない銘柄の詳細につきましては、弊社担当営業社員にご確認ください。
※2. 上場廃止や株式併合・分割があった場合は、期限が設定されることがあります。
※3. 金利及び貸株料は金利情勢により変更される場合がありますので、最新の情報につきましては弊社担当営業社員にお問い合わせください。
※4. 制度信用取引では、証券会社が資金や株券を自社で調達できない場合には、証券金融会社から融資や借株を受け、それにより決済を行います。このような制度信用取引を補完する証券会社と証券金融会社との間の取引を貸借取引といいます。

信用取引の流れ

買付からはじめる場合
岡三に資金を借りて、株券等の購入からお取引をはじめる場合の流れをご説明します。
信用取引の流れ 買付からはじめる場合
売付からはじめる場合
岡三に株券等を借りて、売却からお取引をはじめる場合の流れをご説明します。
信用取引の流れ 売付からはじめる場合

委託保証金について

売買代金の30%以上で、かつ300万円以上が必要です。
信用取引を行うにあたっては、委託保証金を担保として差し入れていただきます。
当社の場合、信用取引の担保となる委託保証金は、売買代金の30%以上かつ300万円以上が必要です。
有価証券で代用することもできます。
委託保証金の一部または全部を、有価証券(株券や公社債など)で代用することができます。有価証券で代用する場合の有価証券の種類、代用価格(担保価格)等は、下表のとおりです。
(平成19年10月1日現在)
有価証券 掛け目(前日時価に対して)
国債 95%以下
政府保証債 90%以下
地方債・社債 85%以下
金融債 85%以下
上場新株予約権付社債 80%以下
上場株券 80%以下
公社債投信 85%以下
追加型株式投信 80%以下
単位型株式投信(クローズド期間終了後のもの) 80%以下
上場投資信託・上場投資証券(ETF、J-REITなど) 80%以下
※委託保証金は、実際に信用取引を行う際に必ずお問い合せください。
追加保証金(追証)について
保証金の預託率が20%を下回ると、その不足額を委託保証金として、発生日の翌々営業日の午後3時までに差し入れていただくことが必要となります。これを「追加保証金(追証)」といいます。
信用取引の仕組みやリスク等の詳細については、弊社担当営業社員にご確認ください。

手数料およびリスクについて(必ずお読みください)

当社Webサイトに記載の金融商品等にご投資いただく際には、各金融商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、各金融商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。各ページに掲載された各金融商品等へのご投資にかかる手数料等およびリスクについては、手数料およびリスクについての重要な注意事項のページをお開きいただき、よくお読みください。
なお、当該金融商品の取引契約をされる場合、当サイト記載の注意事項のほか、その金融商品の「契約締結前交付書面」(もしくは目論見書)または「上場有価証券等書面」等の内容を十分にお読みいただき、ご理解いただいたうえでご契約ください。

お問い合せ

店舗のご案内 岡三カスタマーセンター
資料請求 よくあるご質問 お問い合せ
外国株式へ 商品のご案内へ 新規公開株式(IPO)へ
 商号等:岡三証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第53号
 加入協会:日本証券業協会/一般社団法人日本投資顧問業協会