ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

生命保険

ここから本文になります。

ライフステージに応じた保険を岡三がご提案します。

就職、結婚、出産、定年退職。ひとそれぞれのライフステージがあります。それぞれのライフステージに、どのような保障があればよいのか、分かりやすい保険の選び方のポイントをご紹介します。

ライフステージのイメージ図

ライフステージで見る保険の重要度

ライフプランには2重3重の安心を

生命保険には、病気や災害による死亡などの「予期せぬできごと」に備えた保障機能と、結婚・出産・子供の教育・住宅取得などの「想定される将来」に備えた資産形成としての機能があります。また、万一の時の保障だけでなく、入院した時の医療保障はもちろん、将来の生活を見据えた資金の確保にも役立てることができます。

下表は、ライフステージ別に生命保険の保障内容を検証したものです。これから生命保険に加入をお考えの方や、保険の見直しをお考えの際には、ぜひ参考資料としてお役立て下さい。

ライフステージ 必要な保障
死亡 医療 老後 備考
独身時代 死亡保障は自分の葬式代と両親に残す分や車などのローンの整理資金を準備しておけば十分。大事なのは、ケガ等に備える医療保障です。
結婚したら
(共働きの場合)
共働きの場合は、独身時代の保険で必要な死亡保障と医療保障が確保できていればそのまま継続を。ただし、配偶者が専業主婦(夫)の場合は、世帯主としての責任が重くなるので、死亡保障の上乗せを考える必要があります。

(一方が専業主婦
(夫)の場合)
子供が生まれたら 子供が生まれると、生活費以外に教育費などの負担が増えるので、死亡保障の重要性が一段と増してきます。 マイホームを購入したら、大半の方が団体信用生命保険へ加入します。この保険に加入していると、夫に万一のことがあった場合にローン残高は保険金で相殺されます。そのため、すでに加入している夫の死亡保障などを減額し、月々の保険の負担を軽くすることも考えられます。
子供が独立したら 高額の死亡保障は必要なくなります。老後を意識し、死亡保障は妻への遺族保障を基本に組み替えを検討。また、医療保障が平均寿命くらいまで確保されているかの確認も。

生命保険の種類と特徴

主契約

死亡保険
高度障害を含め、自分に万一のことがあったときのご家族のための保険です。
定期保険 10年、20年といった一定の保険期間中に亡くなった場合に保険金が受け取れます。
保険料は割安です。子供が幼い場合や、配偶者が専業主婦(夫)の場合など、高額な保障が必要な時期に適しています。
終身保険 死亡保障が、生涯続くので、いつ亡くなられても保険金が受け取れます。
将来のキャッシュバリューを確保できるため、保険料は同年齢・同額の場合定期保険より割高です。
定期付終身保険 定期保険と終身保険を組み合わせたものです。2つの保険の割合や期間を、ライフステージやニーズに合わせて設計することができます。
生存保険
資産形成目的の要素が大きい、被保険者が存命中に支払われる保険です。
個人年金保険 保険料の大部分が資産形成として活かされ、年金として受け取れる保険です。老後に備えた生活資金を確保するのに適しています。
貯蓄保険 短期間の貯蓄を目的とした保険で、満期まで生存した場合に満期保険金が受取れます。
不慮の事故などで死亡した場合には災害死亡保険金が受取れ、病気で死亡した時は保険払込期間に応じた死亡給付金が受取れます。
生死混合保険
被保険者が保険期間中に万一のことがあった時には死亡保険金が支払われ、満期時に存命であれば満期保険金が支払われる保険です。
養老保険 死亡保険金と満期保険金を1:1の割合で組み合わせた保険です。保険期間中に亡くなると死亡保険金が受け取れ、満期を迎えると満期保険金が受け取れます。
定期付養老保険 養老保険に定期保険を組み合わせたものです。満期保険金よりも死亡保険金の割合を多くできるという特徴があります。

特約

保険の特約は、保険会社によって異なり、非常にバラエティに富んでいます。主契約のオプションにあたるものとお考えください。
病気や災害による入院や手術に対して給付金が支払われるものや、重病・重症の時に死亡保険金の一部が支払われるものなど、保障をさらに充実させるために付加します。一部の保険会社には特約だけを独立させた医療保険やがん保険などもあります。

生命保険会社一覧

アフラック

住友生命

東京海上日動あんしん生命

日本生命

口座開設をご希望の方はこちら

各種サービス・商品の資料が請求できます

ご注意(必ずお読みください)

  • 当サイトは、保険に関する一般的な知識や情報の提供を目的にして作成されたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。
  • ご検討にあたっては、「契約概要」「ご契約のしおり−定款・約款」などを十分にお読みいただき、内容をご確認、ご了解のうえ、最終的なご契約の決定は、ご利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
  • 当サイト上に掲載する情報については万全を期しておりますが、その内容の正確性・完全性を保証するものではありません。当サイトの利用により被った損害について当社は責任を負いかねますのでご了承ください。

岡三カスタマーセンター

お電話でのお問い合わせ

0120-390603
【受付時間】8:00~18:00(土・日・祝日を除く)
携帯電話からお問い合わせの場合
03-5614-8680
03-5614-8680
【受付時間】8:00~18:00(土・日・祝日を除く)

メールでのお問い合わせ

資料請求・口座開設はこちら

証券総合口座サービスや特定口座サービス、全国の提携ATMを手数料無料で利用できる岡三カードなど、便利でおトクなサービスをご利用いただけます

店舗をお探しの方はこちら

地域ごとの支店一覧が表示されます
お近くの店舗をお探しの方はこちらから

ページの終わりになります。

このページの上部へ戻ります。