ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

住宅購入

ここから本文になります。

ライフイベントのなかでも、もっとも大きな買い物のひとつが住宅です。住宅を購入するにあたっては、物件選びも重要ですが、必ず考えなくてはならないのが資金計画。自己資金をどのくらい準備すればよいのか、住宅ローンはいくら借りられるのか、マネープランを綿密に立てることが大切です。
ここでは、住宅購入に関わる費用について見ていきましょう。

住宅購入

住宅購入の予算は、「自己資金」+「無理なく返済できるローン」で考えます。住宅を買うために用意しておきたい頭金、つまり自己資金は一般的に購入金額の2割程度と言われています。というのも、住宅ローンは、購入価格+建築費の8割程度まで借入れできるケースが多いため、逆算して2割を頭金として用意しなくてはならない計算だからです。

しかし実際のところ、住宅購入費用以外にも、税金・保険料・手数料などさまざまな費用(通常200万円前後)が必要になるため、2割以上の自己資金を用意するとよいでしょう。

家を買った人の平均購入金額

  購入金額 資金調達の内訳
自己資金 融資金
(機構買取・付保金)
その他からの借入金
全国 土地つき注文住宅 3,897.9万円 497.3万円 3,284.2万円 116.4万円
建売住宅 3,319.5万円 409.4万円 2,774.9万円 135.2万円
マンション 4,249.7万円 889.3万円 3,201.2万円 159.2万円
中古戸建 2,279.0万円 239.3万円 1,951.4万円 88.3万円
中古マンション 2,692.2万円 372.9万円 2,215.1万円 104.2万円
首都圏 土地つき注文住宅 4,620.0万円 638.4万円 3,798.9万円 182.7万円
建売住宅 3,569.1万円 448.2万円 2,968.3万円 152.6万円
マンション 4,827.1万円 1,015.2万円 3,602.4万円 209.5万円
中古戸建 2,773.2万円 307.8万円 2,343.3万円 122.2万円
中古マンション 2,975.9万円 409.4万円 2,444.8万円 121.7万円
近畿圏 土地つき注文住宅 4,029.6万円 542.8万円 3,360.4万円 126.4万円
建売住宅 3,294.4万円 405.9万円 2,755.7万円 132.8万円
マンション 3,808.5万円 779.3万円 2,914.3万円 114.9万円
中古戸建 2,097.1万円 216.6万円 1,794.7万円 85.7万円
中古マンション 2,270.6万円 322.9万円 1,863.8万円 84.0万円
東海圏 土地つき注文住宅 4,048.8万円 527.3万円 3,425.6万円 95.8万円
建売住宅 3,000.5万円 347.6万円 2,556.2万円 96.6万円
マンション 3,422.2万円 708.1万円 2,622.0万円 92.1万円
中古戸建 2,026.4万円 175.0万円 1,793.5万円 58.0万円
中古マンション 1,740.7万円 201.7万円 1,495.0万円 44.0万円
  • 首都圏:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県
    近畿圏:大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県
    東海圏:愛知県、岐阜県、静岡県、三重県
  • その他からの借入金:公的機関、民間金融機関、勤務先、親・親戚・知人

参考:住宅金融支援機構「フラット35利用者調査(2015年度)」

住宅ローンについて

住宅は高額ゆえに、多くの人が住宅ローンを活用します。では、住宅ローンはいくらまで利用でき、いくらまでの物件を購入できるのでしょうか?

住宅ローンは、返済が長期にわたる可能性が高いため、最初に綿密な資金計画を立てて、生活に支障をきたさないことが重要です。一般に、住宅ローンの年間返済額は、年収の20%以内が目安とされています。この目安をもとに何年で返済できるかを考え、住宅ローンの借り入れ総額を逆算すれば、おおよその購入可能金額を算出することができます。

また、住宅ローンの返済中でも、教育資金や老後を見据えて資産を形成していくことが大切です。貯蓄にまわす余裕があれば繰り上げ返済をしたいと考える人は多いかもしれません。しかし、低金利で住宅ローンを借りつつ、所得税や住民税などが軽減される税制優遇制度を利用し、余裕資金で資産運用を持続的に行う方法も長い目でみれば有効と言えます。

住宅ローンの平均返済額と返済負担率

全国平均 三大都市圏
年間返済額 返済負担率 年間返済額 返済負担率
114.4万円 20.8% 122.7万円 20.2%
  • 三大都市圏:首都圏、中京圏、近畿圏
  • 返済負担率:世帯収入に占める住宅ローン年間返済額の割合

参考:「住宅市場動向調査について(2016年度)」国土交通省

住宅のリフォームにかかる費用は?

新築で購入した住宅も、修繕が必要になるときもあれば、家族構成の変化により、住む人に適した空間作りが求められることもあります。そのような場合は、住宅のリフォームを適宜行なえば、さらに長く安心して住み続けることができます。

ただし、住宅リフォームは、住宅の間取りや構造、傷み具合も家によりそれぞれなので、いわばオーダーメイドの工事。そのため、リフォームにかかる費用は業者に見積もりをとらないと正確な金額は分かりません。工事によっては多額な費用がかかるため、平均工事金額を目安にして、資金を準備しておくとよいでしょう。

住宅のリフォームにかかる費用

キッチン
風呂・浴室
リビング
洋室(寝室・子供部屋)
外壁塗装・外壁
家屋全体のリノベーション・スケルトンリフォーム

参考:「価格.com 住宅設備・リフォーム」(2013年2月現在)

まとめ

いつか住宅を手に入れたいと考えているなら、早い段階から自己資金を形成して住宅ローンの借入負担を減らすことが必要です。また、住宅リフォームも大規模なものになると住宅購入にひけをとらない金額になります。住宅購入や住宅リフォームをいつ頃実行したいのか目標を立て、貯蓄や資産運用で資金を形成する方法を考えましょう。

口座開設をご希望の方はこちら

各種サービス・商品の資料が請求できます

岡三カスタマーセンター

お電話でのお問い合わせ

0120-390603
【受付時間】8:00~18:00(土・日・祝日を除く)
携帯電話からお問い合わせの場合
03-5614-8680
03-5614-8680
【受付時間】8:00~18:00(土・日・祝日を除く)

メールでのお問い合わせ

資料請求・口座開設はこちら

証券総合口座サービスや特定口座サービス、全国の提携ATMを手数料無料で利用できる岡三カードなど、便利でおトクなサービスをご利用いただけます

店舗をお探しの方はこちら

地域ごとの支店一覧が表示されます
お近くの店舗をお探しの方はこちらから

ページの終わりになります。

このページの上部へ戻ります。