ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

教育

ここから本文になります。

子供の教育はお金がかかるものです。ただし、入学・卒業などの年月があらかじめわかるライフイベントのため、必要なタイミングに合わせて事前に準備しておくことができます。ここでは教育費の目安や教育費準備に対する資産運用について見ていきましょう。

教育

まずは、幼稚園から高校までにかかる費用を見てみましょう。以下の表は幼稚園から高校まで1年間にかかる基本的な費用の全国平均値です。私立学校費用は、公立学校に比べ、幼稚園で2.2倍、小学校で4.8倍、中学校で2.8倍、高校で2.4倍となっています。なお、幼稚園から高校まで15年間の学習費の総額は、単純計算すると全部公立の場合で約527万円、全部私立の場合で約1,770万円になります。

幼稚園から高校までの年間学習費

区分 学習費総額 内訳
学校教育費 学校給食費 学校外活動費
幼稚園 公立 222,264円 119,175円 19,382円 83,707円
私立 498,008円 319,619円 36,836円 141,553円
小学校 公立 321,708円 59,228円 43,176円 219,304円
私立 1,535,789円 885,639円 46,089円 604,061円
中学校 公立 481,841円 128,964円 38,422円 314,455円
私立 1,338,623円 1,022,397円 4,154円 312,072円
高等学校
(全日制)
公立 409,979円 242,692円 - 167,287円
私立 995,295円 740,144円 - 255,151円
  • 学校教育費には、授業料、寄付金、クラス・学校会費のほか、教科書・その他図書代、文房具代、カバン代、制服代、通学費、クラブ活動費、修学旅行・遠足費用などを含みます。
  • 学校外活動費は、参考書・問題集・辞書・図書など家庭内学習費、家庭教師費、学習塾費、習いごとなどのその他の学校外活動費からなります。

参考:文部科学省『平成26年度「子供の学習費調査」』

子供の習いごとにかかる費用は?

子供の習いごとにかかる費用は、小学生時代をピークに、中学校・高校になるにつれて減少していきます。後述の「家庭教師・学習塾にかかる費用は?」との比較で、中学校以降は習いごとよりも、学習塾や家庭教師による学習に比重がかかっていくことがわかります。

子供の習いごとにかかる年間費用

区分 その他の学校外活動費
幼稚園 公立 61,998円
私立 110,074円
小学校 公立 132,439円
私立 302,242円
中学校 公立 68,651円
私立 117,451円
高等学校
(全日制)
公立 32,498円
私立 50,508円
  • その他の学校外活動費は、体験活動・地域活動、芸術文化活動(月謝等、その他)、スポーツ系・レクリエーション活動(月謝等、その他)、教養その他(月謝等、図書費、その他)からなります。

参考:文部科学省『平成26年度「子供の学習費調査」』

家庭教師・学習塾などにかかる費用は?

家庭教師や学習塾の利用については、幼稚園から高校までどの区分でも学習塾の利用が多く、特に学習塾の費用が公立中学校の生徒では格段に増えます。高校受験を控えている公立中学生の場合当然の結果と言えるでしょう。しかし、私立中学生の学習塾費用はむしろ公立中学生よりも低く、学内である程度高校受験対策がなされていることがうかがえます。さて、高校になると公立高校生の家庭教師・学習塾費用は下がりますが、私立高校生の家庭教師・学習塾費用は私立中学生とあまり変わりません。

家庭教師・学習塾などにかかる年間費用

区分 家庭教師費等 学習塾費
幼稚園 公立 3,577円 5,520円
私立 4,060円 9,307円
小学校 公立 16,032円 52,183円
私立 35,632円 213,854円
中学校 公立 21,489円 204,583円
私立 26,874円 135,356円
高等学校
(全日制)
公立 13,903円 95,450円
私立 19,545円 142,063円

参考:文部科学省『平成26年度「子供の学習費調査」』

大学進学にかかる費用は?

大学にかかる費用は、入学金がかかる初年度が一番必要になります。授業料は年度ごとに前期(4月)と後期(9-10月)と2回に分けて支払うのが一般的で、私立大学では授業料のほかに施設費などを支払う学校がほとんどです。以下に目安として平均の金額をあげましたが、実際には大学や学部によって大きく異なります。

大学(昼間部)の平均年間学費

区分 入学料 授業料 施設設備費 入学金、卒業まで
(2/4/6年間)の
授業料・施設設備料の合計
公立短期大学(2年) 169,200円 390,000円 - 969,200円
私立短期大学(2年) 245,783円 693,495円 173,825円 1,980,423円
国立大学(4年) 282,000円 535,800円 - 2,425,200円
公立大学※(4年) 397,721円 537,857円 - 2,549,149円
私立大学文系(4年) 242,579円 746,123円 158,118円 3,859,543円
私立大学理系(4年) 262,436円 1,048,763円 190,034円 5,318,624円
私立大学(医歯学系)(6年) 1,038,128円 2,737,037円 831,722円 22,450,682円
  • 公立短期大学・公立大学は、都府県内・市内など地域内出身者に対しては、入学金・授業料などの減免制度があります。

参考:文部科学省令、文部科学省『平成27年度学生納付金調査』
文部科学省『私立大学等の平成26年度入学者に係る学生納付金等調査』

さらに、授業料以外にも、教科書代・研修費・実習費などの学費がかかります。下の表の「学費」は授業料と学校にかかるその他の費用を含んでいます。自宅生と下宿生の年間の学費・生活費の支出合計を見ると、国公立大下宿生の支出と私立大自宅生の支出がほぼ同程度です。

収入面では、家からの給付(仕送り)と同じくらい奨学金が重要な役割を果たしています。「日本学生支援機構」によると、大学生の38.7%(2014年度)が同機構の奨学金を借りており、表の平均値から逆算すると奨学生は家からの給付(仕送り)とほぼ同レベルの金額の奨学金に頼っていることになります。

年間学生生活費平均(大学昼間部)

区分 支出 内訳 収入 内訳(定職収入・その他除く)
学費 生活費 家から 奨学金 バイト
自宅生 国立 1,099,300円 711,200円 388,100円 1,225,100円 608,700円 267,100円 308,700円
公立 1,098,800円 724,600円 374,200円 1,228,000円 585,800円 280,200円 319,800円
私立 1,769,600円 1,369,400円 400,200円 1,890,600円 1,077,400円 387,100円 367,600円
下宿生 国立 1,714,600円 623,700円 1,090,900円 1,824,300円 1,151,600円 367,300円 261,900円
公立 1,649,400円 626,700円 1,022,700円 1,780,400円 987,800円 419,200円 327,600円
私立 2,390,500円 1,374,500円 1,016,000円 2,219,600円 1,659,100円 451,600円 295,500円

参考:日本学生支援機構『平成26年度学生生活調査結果』

まとめ

最初の章の「幼稚園から高校までにかかる費用は?」で、幼稚園から高校まで15年間の学習費の総額は、全部公立の場合で約527万円、全部私立の場合で約1,770万円と説明しました。また、大学に進学すると、自宅生の場合でも国立大の学費が4年間で約284万円、私立大の学費が4年間で約548万円かかります。小学校から高校までは極力公立校に通い日常的な家計でまかなうにしても、大学は学費が高く、さらに下宿するとなると日常の家計ではとてもカバーしきれません。

子供の教育費用を貯めるには、定期預金や「学資保険」といった積立型の商品を活用しつつ、プラスアルファ分を金利上昇局面やインフレに強い金融商品(個人向け国債や投資信託など)で運用するのも一案です。教育費がピークになる時期に備えて、早めの準備をこころがけましょう。

口座開設をご希望の方はこちら

各種サービス・商品の資料が請求できます

岡三カスタマーセンター

お電話でのお問い合わせ

0120-390603
【受付時間】8:00~18:00(土・日・祝日を除く)
携帯電話からお問い合わせの場合
03-5614-8680
03-5614-8680
【受付時間】8:00~18:00(土・日・祝日を除く)

メールでのお問い合わせ

資料請求・口座開設はこちら

証券総合口座サービスや特定口座サービス、全国の提携ATMを手数料無料で利用できる岡三カードなど、便利でおトクなサービスをご利用いただけます

店舗をお探しの方はこちら

地域ごとの支店一覧が表示されます
お近くの店舗をお探しの方はこちらから

ページの終わりになります。

このページの上部へ戻ります。