ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

退職・セカンドライフ

ここから本文になります。

退職後の人生設計は立てていらっしゃいますか?現役世代にとっては退職後の生活はイメージしにくいものですが、豊かなセカンドライフを実現するためには、マネープランを早めに立てて計画的に資産を形成することが大切です。
ここでは、退職後の生活に必要な費用について見ていきましょう。

退職・セカンドライフ

現役時代からセカンドライフにシフトした場合、収入が大きく下がることは誰もが予想しているはずです。具体的に収入と支出の変化を見てみると、50~59歳の勤労者世帯の平均収入(賞与を含む)が月収で約59万円のところ、60歳以上年金収入のみになると収入は約21万円と、半分以下に減少します。また、現役世代は、税金や社会保険料の負担が大きいものの、残された手取りから日常の生活費、教育費、住宅ローンなどを差し引いても、貯蓄にまわす余裕があります。ところが、退職後の無職世帯では、税金・社会保障費の負担が少なくなるとはいえ、貯蓄のために残すお金はほとんどありません。

現役世代とセカンドライフ世代の月間収入と生活費の比較イメージ

参考:家計調査年報(家計収支編2015年)総務省

セカンドライフにいくら必要?

退職後の生活をイメージするうえで、押さえておきたいポイントは、毎月いくらぐらいの収入があり、生活費はどのくらい必要なのかを把握することです。

以下のデータは、総務省が作成した平均的なシニア夫婦の収入と支出の内訳です。標準的な収入は約21万円、支出は約27.5万円、月々のマイナス額は約6.2万円にのぼります。日本人の平均寿命は男性80.79歳、女性87.05歳(「簡易生命表(2015年)」厚生労働省)と、日本は世界有数の長寿国です。65歳以降、セカンドライフ期間が25年と仮定した場合、

  • 年金収入(21万円×12カ月×25年)6,300万円
  • 生活費の支出(27.5万円×12カ月×25年)8,250万円
  • マイナス額 ▲1,950万円

となり、多くのシニア夫婦はマイナス分を退職金や預貯金から補填することになります。

セカンドライフの生活費の内訳

シニア夫婦(夫65歳以上、妻60歳以上)無職世帯の家計収支

社会保障給付(公的年金) 194,874円
その他の収入 18,505円
①実収入 213,379円
食料 62,432円
住居 17,500円
光熱・水道 20,385円
家具・家事用品 8,641円
被服および履物 6,975円
保険医療 15,405円
交通・通信 27,286円
教育 4円
教養娯楽 26,066円
その他の消費支出(※) 59,170円
税金・社会保険 31,842円
〈②実支出〉 275,706円
〈③収支残(①-②)〉 -62,327円
  • …理美容や交際費、仕送り金など

参考:「家計調査 家計収支編(2015年)」総務省

多額の臨時支出に備える

さらに、生命保険文化センターの行なった意識調査(2013年度)によると、ゆとりある老後生活を送るための費用は月35.4万円が必要という結果が出ました。そうなると、月々のマイナス金額は約14.4万円と、大幅な赤字です。
なお、ゆとりのある老後生活に使うお金の使い道とは、旅行・趣味・日常生活の充実・交際費など、家族や友人とよりよい時間を過ごすための資金のこと。「退職後は、のんびり好きなことをして楽しく過ごしたい」と考えているなら、年金収入では不足する金額を早い段階から準備することが大切です。

老後のゆとりのための上乗せ額の使途(複数回答)

参考:生命保険文化センター「生活保障に関する調査」(2013年)

また、日々の生活費に加えて、イベントごとにもお金がかかります。イベントごとの支出は大きく分けて2種類。税金の支払いやお中元・お歳暮など定期的に発生する予測可能な特別支出と、住宅リフォーム代や冠婚葬祭費用といった不定期に発生する予測不可能な臨時支出です。車を保有していれば、車の買い替え費用や維持費も負担になってくるでしょう。

介護状態になった場合の費用の目安について

そして、老後を考えるうえで目をそらすわけにいかないのが、介護です。介護が必要になる要介護者の割合は、高齢化と共に年々高まっています。厚生労働省の調査によると、介護給付費受給者の割合は65~69歳で男性2.5%/女性2.0%、70~74歳で男性4.7%/女性4.7%、80~84歳で男性17.8%/女性27.4%となっています(参考:「介護給付費実態調査月報」(2014年)厚生労働省)。
要介護状態になったとき、住宅リフォームや介護用ベッドの購入といった一時的な費用の合計は平均80万円、月々の自己負担額は平均7.9万円となっています(参考:「生命保険に関する全国実態調査」(2015年)生命保険文化センター)。

まとめ

セカンドライフでは、日々の生活費を補填する資金、これから使うことが予想される資金、いざというときに使える資金、それぞれのお金を確保することが大切です。
これから退職を迎える方も、すでにセカンドライフを過ごしている方も、将来を見据えて資産を計画的に運用し、老後のお金の不安をなくしましょう。

口座開設をご希望の方はこちら

各種サービス・商品の資料が請求できます

岡三カスタマーセンター

お電話でのお問い合わせ

0120-390603
【受付時間】8:00~18:00(土・日・祝日を除く)
携帯電話からお問い合わせの場合
03-5614-8680
03-5614-8680
【受付時間】8:00~18:00(土・日・祝日を除く)

メールでのお問い合わせ

資料請求・口座開設はこちら

証券総合口座サービスや特定口座サービス、全国の提携ATMを手数料無料で利用できる岡三カードなど、便利でおトクなサービスをご利用いただけます

店舗をお探しの方はこちら

地域ごとの支店一覧が表示されます
お近くの店舗をお探しの方はこちらから

ページの終わりになります。

このページの上部へ戻ります。